再生エネルギー事業

太陽光発電投資

社会と地球に優しい 太陽光発電投資をお考えの方へ

この発電システムを購入し電力を売電開始後20年間の電力会社との売電契約締結投資モデルは最も安全で、投資効率抜群のビジネスモデルです。
そこで弊社は国策である電力資源チェンジに参加し、何方でも社会貢献出来る低圧太陽光発電を開発販売しております。
皆様方の近未来の収入確保・安全確実なマネービルと将来の年金代替策としての活用⽅法をご案内・ご提案させて頂きます。

地球環境に優しい、CO2排出ゼロの発電システム

今まさに、地球温暖化など環境問題への取り組みが課題とされている中、環境に配慮した地球にやさしい電力づくりが求められています。
太陽光発電は、光を利用するため化石燃料などの資源を使い果たすようなこともなく、発電の際にCO2などの温室効果ガスも排出しないことで、環境にとても優しい発電システムです。

太陽光発電投資とは・・・

これまで太陽光発電システムが注目を集めていたのは、光熱費の削減や災害時の非常用電源としての利用が主でした。
ところが2012年7月、10kWシステムを超える太陽光発電システムによって発電された電気を一定の価格(2013年度は37.8円/kWh)で一定期間(20年間)買い取る『固定価格買取制度』を国が電力会社に義務づけたことで、太陽光発電は投資の対象としてもみなされるようになりました。

発電した電力は、国の法律により担保されている「固定買取制度」によって決められた買取価格で 電力会社が20年間買い取りますので、設備を購入した事業者様は発電事業者として売電収入を得ることが可能になりました。

またグリーン投資減税により税制優遇が可能になります。

グリーン投資減税とは・・・

「グリーン投資減税」により、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の認定を受けた法人ま

たは青色申告書提出の個人が、10kW以上産業用太陽光発電設備を1年以内に事業用に導入し

た場合、最良な税制優遇処置が受けられます。 期間:平成23年6月30日~平成28年3月31

青色申告をしている中小企業者等に限り、設備取得価額の7%相当額の税額控除
※平成28年3月31日までに設備取得

青色申告をしている法人又は個人を対象に、普通償却に加えて
取得額の30%相当額を限度として償却 できる特別償却
※平成28年3月31日までに設備取得

青色申告をしている法人又は個人を対象に、取得価額の
全額を償却(100%償却、即時償却)できる特別償却
※平成27年3月31日までに設備取得